人口流入の継続

握手

生産緑地の優遇の終了

練馬区は東京23区の中で一番農地が残っておりますが、生産緑地に対する優遇税制の期間到来が間近に迫っております。練馬は依然として他の首都圏各地と同様に、人口の流入による増加が継続しています。生産緑地の固定資産税が大幅に増加しますから不動産売却を検討するケースの増加が予想されています。練馬での不動産売却においては一般的に住宅を目的とした取引が多くなっています。練馬に乗り入れている鉄道の相互乗り入れが顕著となっておりますので利便性が増加しており、従って不動産価格の上昇も顕著になっています。東京オリンピック・パラリンピックの開催決定以降、不動産価格の上昇に加えて、建設工事費の上昇も著しくなっておりますので、不動産売却においても金額的には高止まりが予想されておりますので、不動産売却によって生じる税金等のことも考慮する必要があります。不動産の保有期間や金額によって税負担が異なりますので、負担が大きくなるケースでは不動産売却の方法を考慮する必要があります。相続や贈与の問題を含めて場合によっては不動産売却を行わずに等価交換事業とすることも有力な選択肢となります。等価交換事業を行う場合には一般的にマンション事業や複合施設の開発事業となりますので、保有する土地の面積や容積の状況に応じて可能性を検討する必要があります。事業用資産として保有することになれば、不動産売却よりも相続の面では有利にすることができます。