不動産関連知識の習得

土地

専門業者への委託

日本ではマンションに居住する人の数も増加していますが、依然として一戸建て住宅のニーズが高くなっています。一戸建て住宅のための土地買取物件が数多くマーケットに出回っています」。土地の買取は相対ではすることは難しいため専門業者に依頼することになります。土地の買取のための専門業者を選定する際には経営経験や保有物件で判断することが重要です。経営経験については宅建業の許可番号で経験の長短を判断することが可能ですし、業者のホームページを検索することによって保有物件の多寡はある程度判断することは可能です。また、土地の買取を特定の地域で行うことが決まっている場合にはその地域の地元の業者を選択することも有力な選択肢となります。土地の買取費用は物件の金額に加えて、仲介料が発生することが一般的になっています。また、買取に際しては取得税や登録免許税がかかりますし、登記費用も必要となりますので、その分を含めてあらかじめ費用を用意する必要があります。大きな金額の取引となりますので契約内容についても留意する必要がありますので、自らが不動産や民法の知識を習得することは役に立ちます。不動産情報には業者と個人の間に非対称性が発生しますので、契約上で相互に公平、公正に取引を行う必要があります。土地の登記においても専門家に委託すると相応の費用がかかりますので、自らが登記手続きを行うことで費用を大幅に節約することが可能となります。最近は登記所の登記官も相談に応じてくれますので、ある程度の登記であればできるようになっています。